記事一覧

月3,000円で生活できました


この記事は、広告を含む場合があります。

先日、イオン九州の株主優待が届きました。

イオン九州の株主優待

イオン北海道を含む、イオン系列のお店で使えるクーポン券です。1,000円ごとに100円の割り引きとなる券が50枚あります。

イオン (親会社) の株主優待 “イオンオーナーズカード” と併用すれば、最大12.7%引きです。(どちらも、1口100株を保有している場合)

試しに週末にでも使ってみます。

さて、先月 (2023年5月) 分のクレジットカードの請求が10万円を超えていました。これ、個人ですよ。法人とか事業者とかではなく。

で、このクレジットカード代の内訳は、私の引越しに伴う電化製品の購入費のほかは、私の父の使用によるものです。この中に私の生活費はありません。

この信じられない事象に対応するため、先月から今月にかけて爪に火を灯すような節約をやりました。

内容は、5月の給料日から6月の給料日までの1ヶ月 (31日間) を3,000円で暮らすというものでした。つまり、1日当たり97円だけ使える生活ですね。

先月の給料日に3,000円だけ抜き取って、ほかは全て定期預金にしています。

さすがに途中で餓死するかもしれないと不安でしたが、無事に生き延びました(笑)

なお、この3,000円には、クレジットカードで支払っている光熱費と通信費、口座引落の奨学金と水道料金は含みません。(光熱・水道は契約初月なので請求はまだ)

また、一部の食品や消耗品は、先月以前から持ち越したものです。

……という、ゆるゆるルールですが、クリアはクリアです。

某ノミクスの円安による物価高で、家計のやりくりが大変でしたよ。まったく。

で、支出の内訳は、全てイオンの “WAONカード” へのチャージです。チャージは1,000円単位なので、1円も残らず消えていきました。

では、肝心の貯金額です。いくら節約しても、貯金できなければ意味はありません。

まずは収入。

先々月は、派遣の待機期間があり勤務時間が少なかったので、先月の収入 (手取り) は14万円でした。(通常は15万円)

一方の支出は。

  • クレジットカード代:105,000円
  • 奨学金:22,000円
  • 生活費:3,000円

ということで、収入と支出の差はちょうど1万円となります。14万円もあって、私のもとに残った (貯金できた) のが1万円……

まあ、足が出なかっただけ良しとしましょう。

じゃあ今月はもっと減らして2,000円……と言いたいところですが、さすがに目に見えて () せてきた (自称) ので、4,000円 (33%アップ) でもいいでしょうか。

いや、いきなり生活水準を3割以上も上げるのは破産しますかね。

先月は待機期間がなく、今月からは満額支給で、さらに手当 (出張?) もつきましたのでどうかお許しください。

一方で、3,000円生活っていいですね。私にとって、支出は “出血” なので、支出が多いほどストレスになります。

その点、3,000円生活のストレスは最小限だと思いました。出血量を限界まで抑えた経験というのは、リタイア後にも活きるのでしょう。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク