記事一覧

お店をつぶすポスターの怪


この記事は、広告を含む場合があります。

私、田舎の散策をとおして、つぶれた店には高い確率で “あるポスター” が貼られていることに気づきました。

それは、某政党のポスターです。この某政党は、今話題の統一K (現・家庭R) ではなく、創価Gのほうなのです。

私、あのポスターのことを “いなポ” と呼んでいます。

お店に、いなポが貼られると、当然のように廃業するのです。

その顛末 (てんまつ) を。

  1. 個人商店があります
  2. お店の正面かサイドに某政党 (=宗教団体) のポスターが貼られます
  3. まもなくお店が廃業します
  4. 数年後、雪の重みで屋根がつぶれます
  5. 元店舗の廃墟 (はいきょ) と某政党 (=宗教団体) のポスターのコラボが完成です
  6. お店が倒壊しても、ポスターだけは律儀に更新されます

これ、店を廃業させるような店主だからあのポスターを貼るのか、あのポスターを貼るような人間だから店をつぶすのか、疑問なんですよね。

そういえば、某政党 (=宗教団体) の中の方は選挙活動にとても熱心で、選挙が近づくと、電話や手紙やお菓子が届きます。

「いなポさんによろしくね」

そして、選挙後にも電話がきます。

「協力ありがとうね」と。

結局、いなポというのは、廃業祈願の御札なのですかね。(でも悪用してはいけませんよ)

訪問ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク