記事一覧

616「明日いやだなあ」がつまらない


この記事は、広告を含む場合があります。

大人になると、人生がつまらなくなりますが、その理由のひとつがわかりました。

「明日いやだなあ」です。

翌日にいやな予定があると、前日もつまらなくなるのです。私の場合、ひどいときには頭痛までします。

いやな予定というのは子どもの頃からありますが、大人化すると回数が明らかに多くなります。(とくに労働者なら毎日)

子どもの頃のいやな予定は、「学校で怒られるかもしれない」ですかね。翌日の朝の会がユーウツなアレです。

私が覚えているのは、“下校時に体育館の窓ガラスに雪玉をぶつけて逃げた事件” と “用水路に落ちたサッカーボールを拾っているところをおじいさんに見られた事件” です。その日の夜は、次の日の朝の会が怖かったです。

で、用水路の件は予想どおり怒られましたよ。

大人はそういうのが増えます。

ゴミみたいな仕事の進捗が芳しくなく報告がいやなときとか、クソみたいな飲み会があるときとか、いろいろあります。

とくに、ブラック企業なら最悪です。

私が、カスみたいな奴にパワハラを受けていたときは、帰宅後に頭痛、翌朝の通勤時、会社の建物が見えると動悸 (どうき) がしましたからね。

子どもの頃は、自分が悪いことや危ないことをしたらいやな夜が待っていますが、大人は善悪に関係なく毎日が地獄の前夜祭です。

実際にゲリみたいな時間は8時間ですが、その前の16時間も汚染されるわけです。

だからこそ、アーリーリタイアなんですね。リタイアすれば、ゴミな仕事ともクソな飲み会ともカスなパワハラともゲリな8時間とも無縁です。

ちなみに、ニートではだめです。クズみたいな就職活動がありますから。

大人になって、つまる人生にするには、リタイアしかないと思います。

まとめ。

翌日にいやな予定があると、前日からつまらない。

労働者は、毎日がその繰り返し。

リタイアだけが改善策。

リタイアは大人の特権です。リタイアすれば、人生が好転しますよ。きっと。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク