記事一覧

今回の旅で、働きたくない理由がわかった気がします


この記事は、広告を含む場合があります。

どんな仕事もしたくない私ですが、今回の旅行を通して、働きたくない理由のひとつがわかった気がします。

今回の旅行というのは、ゴールデンウィーク中に東京都や神奈川県に行ったやつです。

そのときは、とくに目的も決めず行動しました。(ただし、予算は7,000円です)

ちゃんと決めたのは、寝床となる私のきょうだいのアパートと、行き帰りの飛行機の時間だけでしたね。

歩き出したり、電車に乗ってから、“次はどこに行こうかな” って、感じです。

初めて地で気の向くままに動き回るのは、冒険心をくすぐられます。

もし、ツアー旅行のように、集合時間や場所が綿密に決められていたら、窮屈で楽しめなかったかもしれません。

旅行にまで行って、「〇〇時の電車に乗らなければならない」「〇〇に集まらなければならない」「〇〇さんと一緒に行動しなければならない」だと、ちょっとね。

ただし、他人と一緒に旅行するなら、最低限のルールは必要だと思います。

で、時間や場所,メンツを小うるさく指定される忌まわしい行為ってなんかあったよな、と考えました。

“仕事だ……”

私の大嫌いな労働が、いわばまさにこれはもう間違いなく、時間と場所,メンツを他人に決められるやつでした。

考えただけで気持ち悪くなります。

やっぱり私は働くのに向いてないのですね。免除してくれないかな。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

おはようございます。

約束事は団体行動の基本ですからね。それが好きな人も多いのが日本です。

「団体に合わせられない人がいると団体の迷惑になるのでいないほうがいいのだ」と私は私を納得させてます。( *´艸`)

つまり団体に合わせられないのなら無理に合わせず、団体を離れ、自分のやりたいようにやることは特に社会にとって問題なわけではないわけです。

適性のない人が団体の中で無理するとフォローする周りが迷惑だし、それが原因で本人が病気になっちゃう人も多いですからね。

どちらも得をしないのでキッパリとひとりで生きる覚悟と準備をしたほうが自分と周りのためになるってものです。

Re: おはようございます。

ひまわりさま。

こんばんは。コメントをありがとうございます。

合わない集団にいると、病んでやめるか、攻撃されてやめさせられるかですからね。

私みたいな合わない人間なぞ、働かないほうがよほど社会のためだとも思います。
何かの刑罰だと思って割り切って、我慢するしかないようです。早く許してほしい……

一転、リタイアすれば、苦役からも人間関係からも解放される一石二鳥なんですね。
本当に、リタイアだけが生きる希望です。

コメントをありがとうございました。

記事名:今回の旅で、働きたくない理由がわかった気がします.
返信日:2022年5月10日.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク