記事一覧

必要以上のお金はいらない


この記事は、広告を含む場合があります。

1月も今日までですね。早。

個人の考えです。

“お金はいくらあっても困らない” はホントであり、ウソでもあると私は思います。

すでに保有している資産なら、あればあるだけ良いのはホントです。

また、自動的に入ってくる収入というのも、多けれ多いほど良いのはホントです。

逆に、そうでない収入、例えば、金融商品の売買益や労働によるもの。
これらを得ようとするのは、リスクになると私は考えます。

金融商品の売買は利益を得る可能性がある一方で、損失となる可能性もあります。

労働は、心身を壊します。

十分な資産がないうちはリスクも仕方ないですが、資産を築いたあとは、リスクを最小化するのが良いでしょう。

よって、金融や労働による収入なら、あればあるだけ良いはウソです。

さて、十分な資産は、人によって違います。

私の場合、残りの人生に必要なのは、4000万円です。(ただし、インフレを考慮しない)

今、お金を受け取れるゲームがあるとします。そのルールは……

  1. 100%の確率で4000万円もらえる
  2. 50%の確率で、4億円もらえる

この1番と2番のいずれかを選択できるというゲームです。

これ、算数が得意な人なら、期待値的に2番を選ぶはずです。

ですが、私は1番を選びます。

私の人生には4000万円しか必要でないからです。

こういう考え方をすると、人生が楽に思えます。

“年収が350万だ!” とか “2000万円分の株を持ってるぞ!” とか “年金をもらってんだゼ!” はスゴイです。

スゴイですが、そこまで頑張らなくても良いとも思うのです。(負け惜しみじゃないですよ)

働かなくてよいだけのお金があれば、幸せに暮らせますよ。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク