記事一覧

昇給


この記事は、広告を含む場合があります。

2021-11-19(金)

30歳までに2度もニートを経験するという、無能界の日本代表みたいな私ですが、いちどだけ昇給を経験しています。

まあ、その一回も、新社長の就任記念な感じであり、私が評価されたわけではないのが面白いところです。

一方で、給料が減るのは何度も経験しています。

これも、私が悪いことをしたのではなく、支給額が変わらないから、手取りが減ったのです。

年々、年金や健康保険料 (40歳以上なら介護保険料も) の天引き額は上がっていますからね。

ですから、昇給なしってのは、実質の減給だとも思うのです。

ホント馬鹿らしいものですよ。自分の仕事に慣れてきて、後輩にも教えるようになったのに給料が減るのは。

これってどうしようもないですよね。
滅多なことがないと昇給しない上に、天引きは毎年のように増えるわけですからね。

企業と政府の減給タッグの前には、労働者の努力なんてオカラみたいなものです。

本当に日本人って我慢強いなと思います。

戦後の焼け野原から復興した人達も、高度成長を支えた人達も、バブル時代に24時間戦った人達も、私と同じだったんですよね?
給料は増えないのに、社会を引っ張っていったとは、なんて我慢強い方々だったのでしょう。

給料を上げなくても経済成長した前例があるから、そればフシュウするのですよね。

給料と経済成長の両方を達成している国はたくさんあるのに、日本は特別なんですね。

日本の経営者様って、みんなノーベル経済学賞をとれるのでは?

“賃金を減らし続ければ、労働者がやる気をなくして経済成長する”

世界の常識がひっくり返りますよ。

私はこれから、職業訓練ののち再就職ですが、少しはまともなところに行きたいものです。

無条件に定期昇給とまでは言いませんから、評価しだいで上がるようにしてほしいです。

しっかり評価してほしいです。

こんな自分勝手なワガママ言ってはいけませんよね。働かせていただく身分なのですからね。

マジユウウツ……

訪問ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク