記事一覧

クーポンとポイントと送料


この記事は、広告を含む場合があります。

2021-10-13(水)

インターネット通販のお得な買い方のお話です。
今回は、ひとつ商品を買う場合を考えます。

以前、買い物といえば、高いか安いかだけでした。
これは、単純に、売価が低いお店が有利ということです。

その後、消費税 (税込・税別),スタンプカードやポイント制などが始まり、お店選びは複雑になっていきました。

現在は、インターネット通販が一般的になり、“送料” という新しい要素も加わって、ますます複雑になっています。

一般的なネット通販では、本体価格とクーポン,ポイント、そして送料が要素です。

一見、本体価格が最安値でも、送料別だったり、クーポンが使えなかったり,ポイントの還元率が小さいと、他店よりも損となり得るのです。

ネット通販

今回は、本体価格とクーポン,ポイント,送料で、もっとも安く買える方法を確認します。

ここで、各要素の解説です。
とりあえず、楽天市場,アマゾン,アリエクスプレスあたりの大手は、このルールが通用します。

  • 本体価格:本体の税込価格
  • クーポン:ふつう、本体価格から値引き。送料には使えない
  • ポイント還元:本体価格からクーポン分を引いた額の何%かが還元される
  • 送料:配送の回数ごとに加算される。ポイントは還元されない
  • ポイント利用:本体価格からクーポンを引き、送料を足した額に充当できる。ポイント利用分にもポイント還元される

いま、商品Xをひとつ買うとします。

Xは、以下のお店で、次のように売られています。

お店 商品X価格 クーポン P還元率 送料
1,000円 なし 1% 込み
1,000円 100円引き (1,000円以上) 1% 込み
1,000円 なし 10% 込み
900円 なし 1% 100円/件

これ、悩みますよね。
クーポンか、ポイント還元か、安いとこで送料を払うか。

では、計算の方法と順番です。

1.クーポン分を引く

まずは、商品価格からクーポンの分を引きます。
これは、クーポン分にはポイント還元がないためです。

1000円 900円 1,000円 900円

ポチるのはまだです。さもないと大損しますよ。

2.ポイント還元分を引く

クーポンの次は、ポイント分を引きます。

990円 891円 900円 891円

なんか最低賃金みたいですね。
もちろん、最低賃金はもっと安いですが(笑)

3.送料を足す

ここで送料を足します。
送料にはポイント還元がないためです。

990円 891円 900円 991円

これが結果です。

この場合、イのお店で買うのが賢いとわかります。

商品Xを同じお店で2つ買う場合

上の結果は、商品をひとつだけ買う場合でしたが、これを2つ買うならどうでしょう。

計算の順番は同じなのでハショリます。

1,980円 1,881円 1,800円 1,882円

まったく違う結果となりました。

商品Xをどこかで2つ買う場合

ちなみに、違うお店を組み合わせるとこうなります。

B
A 1,980 1,881 1,890 1,981
1,881 1,881 1,791 1,882
1,890 1,791 1,800 1,891
1,981 1,882 1,891 1,882

商品Xを2つ買う場合、イとウのお店、またはウとイのお店で買うのが安いとわかります。

クーポンのルール (1回の会計で1枚しか使えないなど) によっては、分けて買うほうが賢いこともあります。

お店によっては、数量ごとに送料が加算される手口もあるので、要注意です。

まとめ

  1. クーポン分を引く
  2. ポイント還元分を引く
  3. 送料を足す

値段が同じ場合、ポイントを優先するとよいでしょう。
次回の買い物のとき、ポイント利用分にもポイントが還元されます。

次回は、値段の違う2つを買う場合です。
やり方は同じですが、ぐっと複雑になります。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク