記事一覧

提案:外国語を学びやすく


この記事は、広告を含む場合があります。

一般的に日本人は以前から英語が苦手ですね。最近は、第二外国語も必要といわれていますので外国語教育は重要でしょう。

たとえば私の場合、中学校での英語の発音が恥ずかしく感じました。日本語にない音は難しく、恥ずかしさがあったのでしょう。英語はアクセントもツッパリみたいで授業中は発声が嫌でした。

英才教育なんかで外国語の音に慣れるのは、幼児期がいいといわれます。
そこで、小学校で英語のみならず、日本語にない発音の練習の授業をしててみてはどうでしょう。
外国語の音に慣れる勉強で、後に英語以外の外国語の習得にも役立つはずです。

外国語に興味を持つことも重要ですね。
例えば韓国語は日本語に似ており、最も簡単な外国語とされています。韓流ブームなどで 学ぶ人も多いでしょう。
そんな韓国語では三種類の「ン」や三種類の「ッ」(小さいツ)を使いわけます。こう言うと難しく感じますよね?
ですが、これらの発音は日本語にもあります。意識せず、使いわけていないだけです。

こういう音を小さいうちから意識していれば、外国語の発声や聞き取りに有利でしょう。

中学校で英語アレルギーになってしまった私も、中国語と韓国語の勉強により
外国語に興味を持てるようになりました。
どこの国の言葉を学習したいかは、すぐにはわかりません。
いつか、どれかの外国語に興味を 持ったときのために「発音」を学ぶ意味はあると思います。


訪問ありがとうございました。


関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク