記事一覧

圧着工具AK112MAを買いました


この記事は、広告を含む場合があります。

2021-6-7(月)

絶縁被覆付き圧着端子・スリーブ用の圧着工具 “AK112MA” を買いました。

「この不況に無駄遣いすんなや!」というお叱りを受けそうですが、全額、ポイント払いでの買い物ですので、どうかお許しください。

今回は、このAK112MAのレヴューです。
この工具の人気がないのか、みなさん圧着をしないのか、レヴューはまだ多くありません。

AK112MA

    AK112MA
  • 株式会社ロブテックス (エビ)
  • 絶縁被覆付き圧着端子・スリーブ用
  • 圧着ダイス:0.3・0.5,1.25,2,(3.5) 5.5
  • 圧着範囲:0.2〜6.64mm² (より線専用)
  • 圧着マーク無し
  • 長さ:213mm (引用値)
  • 重さ:365g (引用値)

絶縁付き端子・スリーブ

AK112MAは、上のような、絶縁付き端子・スリーブ用です。

AK112MAに対応しない端子

このような、裸圧着端子・スリーブ,絶縁付き閉端接続子 (CE型),E型スリーブ (リングスリーブ) には使えません。

さて、絶縁付き端子・スリーブのサイズは、ほとんどが “1.25,2,5.5” の3種類です。
その中で、5.5に対応する工具は多くありません。

このAK112MAは、上の3種類にくわえ、0.3にも対応しています。

AK112MA

AK112MAの本体です。

AK112MA

ハンドルを開いたときです。
私の場合は、片手でも握れました。

また、5.5mm² (一番デカイ) の圧着も、片手でできました。

AK112MA

AK112MA

圧着のダイス (型) です。こちら側に電線がきます。

AK112MA

AK112MA

同じく裏面。端子の先はこちらから出ます。
AK112MAは、端子の圧着方向が決まっています。

というのも、絶縁付き端子用の圧着工具は、圧着箇所が2つ、電線の被覆側と導体側とがあります。

絶縁付き端子の圧着イメージ

挿入方向を間違えると、正しく圧着されません。(とくに、左利きの場合は注意)

AK112MA

AK112MA

パッケージです。裏面には、電線抱合範囲の表もあります。

AK112MA

AK112MA

AK112MAを使って、5.5mm²の電線に5.5mm²用の絶縁付き端子を圧着しました。

AK112MA

ゆがみがなく、非常にきれいな仕上がりです。

端子が黒くなっているのは、工具の油ですので、布で拭けば取れます。

次回は、このAK112MAと、中国製の汎用工具HS-40Jを比べます。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク