記事一覧

まもなくニートになります


この記事は、広告を含む場合があります。

2021-6-2(水)

6月ですね。6月には祝日がありませんが、私には祝日だらけの月となりそうです。

長々と愚痴が中心の話になります。

先日、私の会社に退職願を提出しました。

今月の半ばからは有給休暇の消化をはじめ、月末には自動的に退職となります。

もちろん、このご時世ですから、次の就職先なんて決まっていません。

正直、不安が3割、開放感が4割、そして残りが優しさです。

不安は、再就職の大儀さですね。
私には、働かないで生きていけるほどの貯金はないので、また就職することになります。

私は、働きたくない人ですから、就職活動も大嫌いです。なぜ、嫌々働くために就活しなければならないのか……

開放感は、サービス残業とかクソみたいな連中から逃げられるのが大きいです。

私、サービス残業って大っ嫌いなんですよ。

こんなこと言ってしまうと、社会人として失格ですがね。

会社が苦しいのはわかりますよ。ただでさえ効率が悪い事業なのに、法律で決まっている賃金を払っていては、利益になりませんからね。

サビ残がまかり通る会社ですから、経営者も役員連中も、従業員もその程度ということです。(ある意味、こんなのばかり集める努力に敬服……)

なぜ、この時期に退職したかというと、残業代の時効が7月だったからです。

2020年3月までの不払い残業代は、2年で時効になり、以降は請求できなくなってしまいます。

私の場合、正社員になった2019年6月からはじまったサビ残が順次、時効となるところでした。(サビ残させること前提で正社員にしたのか)

現在は、民法および労働基準法が変わり、2020年4月からは時効が3年となっています。(2020年3月までの分は2年のままなので注意)

で、こつこつとコピーした2年間分のタイムカードと写真に残していた実際の終業時刻,毎月の給与明細を合わせて、不払いとなっている残業代を計算したところ、およそ30万円となっていました。
さらに、遅延損害金 (2020年3月までは年率6%、以降は同3%) も加算できます。(忘れずに請求しましょう)

私は、以前から会社に支払いをお願いしてきました。

それでも、「払えない」とか「みんなももらってない」とかはぐらかされるのです。

匿名ですが、労働基準監督署へ不払い賃金等の申告に行き、会社に調査が入ったこともあります。

それでも、支払われませんでした。

先月、時効が近いと思い、上の資料をまとめて、労働局か労働委員会に斡旋 (あっせん) の申請を考えました。(労働局は厚生労働省、労働委員会は北海道の機関ですよ)

労働委員会のほうが強そうなので、まずは電話をすると、「労基署が調査した結果をきくこと」と「会社にもう一度、残業代を請求すること」と言われたので、そうしました。

労基署に電話をすると、「匿名申告だったので、これ以上の指導は不可能」という結果でした。

翌日、会社に、上の金額,コピーしたタイムカード,計算用紙を提出し、支払いを求めました。
労働委員会の斡旋の話はしませんでしたが、支払わないなら斡旋です。

結果、支払われることになりました。

2年間の不払い残業代 (時給と割増分)、これにかかる遅延損害金の満額です。

私は闘いを好まないのですが、“勝った!” と思いましたね。満額回答です。

残業代請求の文書

労働委員会に提出するために作成した文書です。普段の私らしくないカタい言葉遣いなので、違和感があります。

サービス残業とは、“利息付き一括払い残業代” だったのですね。それならそうと言ってくれればよかったのに。

勉強になりました。利息ももらえたし。

絶賛サビ残中の人のためにもう一度。

残業代の時効は、2020年3月の分までが2年、同4月の分からは3年。(民法第174条、労働基準法第115条)

遅延損害金は、2020年3月までは年率6%、同4月以降は3%。(商事法定利率が廃止、民法第404条)

ちなみに、退職後は、年率14.6%です。(賃金の支払の確保等に関する法律第6条)

労働基準監督署は、サビ残の調査をしてくれます。(請求はできません)

労働局と労働委員会は、残業代の請求の仲立ちをしてくれます。それぞれ、国と道の出先機関なので、別々に利用できます。(強制力はありませんが、ヤバい雰囲気で請求できます)

あとは、外部労働組合 (ユニオン)、労働審判、訴訟の順に恐ろしくなっていきます。

不払い賃金は、会社の借金です。銀行からの借金を踏み倒したら恐ろしいように、従業員からの借金も恐ろしいのです。

本当に (マジで) 、サビ残,パワハラ,セクハラが横行しているブラック企業は、今すぐすべて消えてほしいです。

これが、社会全体の労働環境の是正,経済の安定的な成長の条件でしょう。

退職までの半月、連中と仲良しこよしする必要もないのが救いです。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

こんばんは

おお、退職ですか。

ブラック企業なんか長くいても人生を浪費するだけなのでよかったです。w

本当に法律守らないブラック企業なんて全部潰れればいいのにね。

Re: こんばんは

ひまわりさま。

こんばんは。コメントをありがとうございます。

まったくです。法律を守らない法人なんて、存在すべきではありませんよ。

私も、もっと早く見切りをつけるはずだったのですが、お金の問題もありましたから、背に腹はかえられず……
ブラック企業労働者のジレンマですね。

ブラック企業の絶滅を心から願っています。

コメントをありがとうございました。

記事名:まもなくニートになります.
返信日:2021年6月3日.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク