記事一覧

“ドコモ口座” また規制か


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-9-16(火)

NTTドコモが提供している送金サービス “ドコモ口座 (d払い)” を使って、他人の預金を引き出すという裏ワザがはやっています。

その方法は書きませんが、どこからか入手した他人の個人情報と口座番号,暗証番号を、架空の人物のドコモ口座に (ひも) 付けし、チャージ、最終的には自分の口座などに送金するという手口のようです。

それも、ドコモの本人確認のゆるさと、銀行のセキュリティーの甘さを突いたらしく、すごい人もいるもんだなと思いました。

で、私が感じたのは、セキュリティーの甘いのが、ドコモや提携銀行だけの話ではなく、日本の金融機関全体に言えそうだということです。

私は、銀行口座と仮想通貨の取引所のアカウントを、国内系と外資系のそれぞれいくつか持っています。

ログインの際、国内系はすべてID (口座番号) とパスワードのみ、他方、外資系はすべて2段階認証を求められます。

やはり、外資系のほうが、セキュリティーに力が入っているのです。

SBJ銀行のログイン画面

韓国系のSBJ銀行のログイン画面の例。IDとパスワード以外に、合言葉が必要になる。

さて、陰謀論的ですが、このドコモ口座の事件は、新しい規制を作るための日本政府による工作ではないでしょうか。

事件が問題になってから、比較的はやく、麻生財務大臣と高市総務大臣が声明を発表しました。

いつもなら、問題が大きくなってから重い腰を上げるのに。

ドコモといえば、母体はNTT、財務省と総務省の子ですね。

被害の出た、ゆうちょ銀行も同じく財務省と総務省の子です。

事件の舞台にはもってこいなのです。

それで何を規制したいかというと、お金の流れでしょう。

今も、マネロン対策やらテロ資金やらと理由をつけて小うるさく本人確認を義務付けている真っ最中です。

事件を出しに、さらなる規制を仕掛けてくる可能性もあります。

さらに、マイナンバーの普及も重要です。

2020年6月の時点で、マイナンバーカードの普及率は、17%程度とされています。

これでは、数千億円も税金を無駄遣いされた国民が怒ってしまうので、なんとか普及率を上げたいところでしょう。
(お得意の水増し統計という手法もありますが)

高市総務大臣は、今年6月、マイナンバーと銀行口座の紐づけ義務化について触れました。

とりあえず、「国民一人一口座」の紐づけを義務化したい模様です。

ということで、本人確認のさらなる強化,マイナンバーの紐付けによる送金の監視が、政府のやりたいことではないでしょうか。

ドコモ口座事件を悪用してきそうで気持ち悪いです。
(個人の考えです)

訪問ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク