記事一覧

人気の安倍総理


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-3-26(木)

今、日本でイチバン熱い男といえば、それはもう間違いなく、安倍総理でしょう。

そして、総理本人が主役をつとめるドキュメンタリー映画や歌手デビューのほか、公式グッズ,ドラマ,アニメ,ゲーム,マンガがまもなく登場するはずです。

なぜ、安倍総理は日本人の心をひきつけて止まないのか。

そんな安倍総理の人気の秘訣 (ひけつ) を徹底解剖です!


「今回は、愛晋會 (あいしんかい) の代表理事をつとめる阿倍野保治 (あべのぽち) さんにお話を聞きます」

阿倍野「私たちの生きているこの時代に安倍総理がいらっしゃり、応援させていただけることを何よりの誇りだと存じております。私たち愛晋會は、安倍総理の掲げる崇高な国家像に共感し、支持を続けてまいりました」

「さっそくですが、安倍政権の支持率は43%とされます。この強さの秘訣は何だと考えますか?」

阿倍野「安倍政権の強さは何と言っても、その支持者層の厚さにあります。安倍総理の支持者には大きく分けて3つの層があるのです」

阿倍野「1つ目が直接支持層、2つ目が間接支持層、そして最後が劇場的支持層です。」

阿倍野「まず、直接支持層の人たちは、安倍政権により直接の利益があるので、積極的に支持をします」

阿倍野「例えば、麻生太郎政権の時に起こったリーマンショックとそれにともなう急激な円高により、保有株に大きな含み損をかかえた人たちにとって、安倍総理はまさに救世主だったのです」

阿倍野「考えたくもないですが、仮に安倍総理が退いたとしましょう。すると、日銀と年金マネーで不当につり上げた株価が急落、地道に利益を出すことを忘れた日本企業のありのままの株価に戻ってしまうと考えられます」

阿倍野「それも、円高だった民主党政権の時より、円安の分、株式の資産価値がずっと下がる可能性すらあります。ですから、直接支持層の人たちは、意地でも安倍総理を応援するのです」

阿倍野「次に間接支持層は無党派の人たちなどで構成されており、ほかに適当な人がいないという消極的な理由による支持です。安倍政権の支持者が、もっとも多いのがこの層になっていますが、これは浮動票ですから、安倍総理の強みとは言えません」

阿倍野「また、支持者の質より量を大切にした結果でもあり、その応援が安倍政権の増長にもつながっているのです」

阿倍野「最後の劇場的支持層ですが、これが安倍政権に特有の支持層に当たります。これは、感情に働きかける、悪のカリスマのような手法によって、人々を支持者に作り変えたのです」

阿倍野「ちょっと説明が難しいので、映画を例に出します。例えば、脱獄囚が主人公の映画があるとします。脱獄は悪いことですが、この映画を見たほとんどの人たちは、主人公を応援するはずです」

阿倍野「刑務所という恐ろしい存在に打ち勝つ主人公が、ちょうど、強くて尊敬できるリーダー像に当てはまるのです」

阿倍野「これは、現在のがんじがらめな規制や、無慈悲な徴税に食ってかかる安倍総理にも重なります。無論、安倍総理はウソをついたり、憲法や法律を破ったり、疫病や飢餓に苦しむ国民を見捨てたり、違法におトモダチを優遇したり、反社会的勢力とお花見をしたりなどの悪事を絶対にしませんが」

「安倍政権の8年間の成果とは何だと考えていますか?」

阿倍野「特に思いつかないのですが、しいて言えば、お手本になったということでしょうか。国民一人ひとりが、信用できる情報をもとに、自らの頭でよく考え、政治家や政党を選ぶ。そして、必ず投票所に行く。これができないと、与党や政権は増長し、国民の望まない方向に政治を進めようとします」

「貴重なお話をありがとうございます。最後に阿倍野さんにとって、安倍政権とはどんな時代でしたか?」

阿倍野「私にとって安倍政権は、給料が上がらず、税金と保険料ばかりが増える、まさに厳しい冬の時代でした」

「阿倍野さん、ありがとうございました。愛晋會の代表理事、阿倍野保治さんでした」

「阿倍野さんのような熱心な信者……支持者が安倍政権をより盤石にしているようです」

この記事はフィクションです。登場する人物,団体,事件などは架空であり、実在のものとは一切関係ありません。

来訪ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク