記事一覧

人類が火を見つけなかったら


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-3-11(水)

東日本大震災から9年も経ったのですね。

今日は、“緊急事態宣言” を可能にする法案が可決されました。

政権批判罪でおまわりさんが来たら嫌なので、今回はゆるい記事にします。

人類の偉大な発見として “火” が挙げられます。

火の使用は、文字,道具の製作と並び、人類の三大発明とされるほどです。

人類が火を使い始めた時期は、少なくとも12万年前とされますが、よくわかっていないそうです。

はじめは、みずから火をおこすのではなく、落雷や火山による火を持ち帰って利用したと考えられています。

その後は、摩擦や火打ち石での火起こしを発見したみたいです。

火は、人類に数多くの利益をもたらしました。

  • 光源
  • 熱源
  • 獣避け
  • 加熱調理
  • 土器 (焼結)
  • 冶金 (やきん) (還元)

電気が発見されるまでは、どれも近代まで現役だったようです。

調理と火は、切っても切れない関係です。

例えば、これからの時期に旬となるフキノトウにも毒があり、茹でてからアク抜きする必要があるそうです。

土器 (セラミック) 作りと冶金は、化学の始まりといっても過言ではありません。

現在でも火は、調理,暖房,発電,エンジン,子どもの遊びなど重要な熱源です。

ところで、人類が操れる熱源は、3つしかありません。

火のほかは、電気と原子力です。

電気をエネルギーとして利用したのは、19世紀のボルタの電池が始まりとされます。

原子力を人類が制御できているかは微妙ですが、重要なエネルギーであることに違いはありません。

原子力が初めて熱源として利用されたのが、広島市と長崎市への原爆投下とされています。人類にとって良い歴史があるとは言えないエネルギーでもあります。

……

前置きが長くなりましたが、ここからは “人類が火を見つけなかったら” を考えます。

  • 金や銀,銅など天然に単体が存在する金属のみ
  • () かす熱源がないので、削ったり,たたいて伸ばすだけ
  • 土器,陶磁器,ガラス,レンガ,セメントなどのセラミックスは使えない
  • 寒い地域 (おおむね北緯・南緯30度以上) には住めない
  • 生でもいける家畜,作物が作られている (イモかトウモロコシが主食?)
  • 夜は活動できない

文明のブの字もありませんが、長時間労働がないのは悪くないかもしれません。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク