記事一覧

イヤホンの修理、リッツ線へのハンダ


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-1-19(日)

断線したイヤホンをハンダで修理しました。フラックスの使い方やハンダがのりにくいエナメル線へのハンダ付けなどを紹介します。

2019年末、いつものようにラジオを聴こうと両耳にイヤホンを装着。

が、左側がサイレントでした。

“いよいよこの時がきてしまったか”

イヤホンは細い電線ですから、必ず寿命があります。

しかし、耳になじんだイヤホンは格別ですし、とくに高いイヤホンならとても惜しいです。

断線が原因の故障ならつなぎ直したいと思うのも自然でしょう。

では、さっそく修理を。

イヤホンの切れやすい箇所

まず、イヤホン断線のほとんどが、本体やプラグ付近の電線で起こるようです。

音が聞こえなくなくなったイヤホンの電線を引っ張ったりよじったり曲げたりすると、プツプツと音が出たり消えたりします。

この辺で断線

私のイヤホンも本体付近での断線でした。

このイヤホンはもらい物で、フィット感と音のクリアさが気に入っていました。(そして、決して安い物ではない……)

写真では、電線の被覆が取れていますが、断線はそこではありません。

保護カバーを輪切りにして、もっと本体側を見てみます。

イヤホンの断線箇所

すげえ……

ここで間違いないでしょう。

イヤホンの電線を切断

片方の電線や糸などの介在がつながっていても、切ってしまいます。

私がハサミを入れる時はすごい背徳感に襲われました。

ここで、前回記事の “ハンダごて故障事件” があり年越しです。

……

ハンダセット

2020年、役者がそろいました。

それぞれ、ハンダごて本体,こて台,糸ハンダ ,フラックス (ヤニ) です。

よって、作業を再開します。

さて、イヤホンの電線はリッツ線というもので、一般的にはポリウレタンによって被覆されているそうです。(エナメル線などを複数より合わせたものがリッツ線)

この被覆は絶縁体のため、切れた線をそのままよじっても音は出ません。

また、そのままではハンダものらないのです。

リッツ線へのハンダは大きく分けて3種類のやり方があります:

  • ライターであぶってからヤスリがけ
  • 薬品で被覆を溶かす
  • そのまま

上の2つは面倒そうなので、私は被覆を取らずにやりますが、被覆が嫌いな人は取ってもかまいません。

ポリウレタンの耐熱温度は120℃程度、ハンダの温度は340〜380℃らしいので、ハンダの熱がうまく入れば被覆をはがせるのです。

収縮チューブはこの段階で通しておきましょう。

素線

適当な電線の素線 ( () り線の一本一本の細い線) を用意します。

同じ色の電線を素線といっしょによじる

イヤホンのリッツ線の同じ色どうしをよじり、さらに素線を巻き付けてください。

ここに、融かしたフラックスをなじませます。フラックスなしではハンダがのりません。

イヤホンの電線をハンダ付け

よじったところにハンダごての先をしばらく当てて加熱しますが、フラックスがすべて蒸発してしまうとだめです。

ハンダは下に垂れるので、ひっくり返してこてを当て均等にします。

これで電気的な作業は終了です。音が出るかテストしてみてください。

ハンダには電気が流れますので、このままでは短絡 (ショート) します。

微弱な電流ですから、発火したり壊れたりはしませんが、ガザガザと聞くに堪えない音になります。

私の場合は、ビニールテープとゴム系接着剤 (正式名称:鼻くそボンド) で処理しました。

鼻くそボンド

鼻くそボンドは、スチレンブタジエンゴム製の透明なものがオススメです。

酢酸ビニル製は硬くて折れやすく、色付きは見た目が悪いです。

では、鼻くそが固まるまでの時間を使って、フラックスの説明を。

ハンダ用フラックス 焊の宝

今回、私が使ったフラックスです。アリエクスプレスで買いました。

フラックスはヤニともいうように、松ヤニが原料であり、加熱中は松ヤニのにおいがします。

(タバコの有害なタールではありませんよ)

このフラックスによって、ハンダがなじみやすくなったり、表面の酸化が防止されるのです。

糸ハンダの内側にもフラックスは添加されていますが、量が少なく蒸発もしやすいので、専用のフラックスを使ったほうがいいです。

ところで、今回のフラックスは “焊の宝” という商品です。

“焊” は日本語にはない文字で、中国語では 'hàn'(ハン) と読み、“ハンダ付けをする” という意味らしいです。

日本語のハンダの語源は不明のようですが、もしかしたら中国語の “焊” かもしれないですね。

イヤホンの修理が完了

そろそろ鼻くそボンドが固まったようなので、テープを巻いておしまいです。

ハンダごての後処理

終了後は、こての先にハンダをのせておくと、こて先が長持ちします。

まとめ

  1. 断線箇所を探す
  2. ハンダの下処理
    • 被覆をライターであぶってからヤスリがけ
    • 薬品で被覆を溶かす
    • 銅線を抱き合わせる
  3. フラックスをなじませる
  4. ハンダ付け
  5. 絶縁と表面処理

電気工作では、ケガやさらなる故障に注意しましょう。

閲覧ありがとうございました。

"0"

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク