記事一覧

暴言 こんな言葉もパワハラです。


この記事は、広告を含む場合があります。

前回は実際に私を襲ったパワハラについて書きました。

パワハラ 若者をつぶす

今回はパワハラ上司からの暴言を書いていきます。私の仕事はベテランの人や取引先の客にOKをもらったものであり問題はありませんでした。
パワハラは気づかぬストレスになっていることもあります。こんな言葉を浴びているなら実はパワハラかもしれません。
パワハラ上司がパワハラだと思っていなくても、被害者がそう思えばれっきとしたパワハラです。

「お前・貴様・テメー・(呼び捨て)」
親しい間であれば問題ないと思います。相手が上下関係や年功を理由にそう呼んでくるならパワハラです。
変なニックネームなどもあるかもしれません。

「仕事汚ねえな、遅えな、何回もやってるだろ」
仕事を否定してくるパターンです。こっちに非がないならただの暴言です。
給料泥棒という暴言もあります。

「やる気ないのか、会社つぶす気か、いつ辞めるの」
人格を否定してくるパターンです。暴言以外の何者でもありません。

「(ノルマ)できなかったら、残ってけ。タイムカードは押せよ」
ノルマ制は”裁量労働制”といいます。裁量労働制に移行するには、一定の規則があり上司が勝手に決めてはいけません。*労基法38
サービス残業強要(無賃奴隷)

「他の人もお前にメーワクしてるぞ」
自己愛が強い人独特のうそです。こちらを孤立させようとする卑怯な戦法です。

「言い訳するな・口答えするな・嘘つくな(正)」
言ったほうが負けです。論破されることを嫌う低脳が好んで言うようです。

「若いやつがやれ」
儒教思想の押し付けです。害しかありません。

「次ミスしたら、ぶん殴るぞ」


メモしてあったのがとりあえずここまで。書いててイライラしてきました^^
機会があれば他のも挙げていきたいです。

パワハラ上司はパワハラを愛社心と思っているようです。愛国心に似ていますね。仮想の敵を作り出して攻撃する(しようとする)被害妄想家です。
敵(部下)をやっつけることで、会社の利益になると思っている。実際は人手不足やイメージダウン・職場の雰囲気悪化に寄与している。

「真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である」 ナポレオン


閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク