記事一覧

日本の末期症状


この記事は、広告を含む場合があります。

2019-10-8(火)

消費税が10%になり1週間が経ちました。

が、肝心の軽減税率制度を理解していない人がおよそ4割だといいます。

それもそのはず。同じ商品でも店内飲食なら10%で持ち帰りなら8%、商品によっては10%と据え置きの8%が混在し、またポイント還元制度も始まって中小の商店などは5%,コンビニなどは2%,大手スーパーなどは還元なしと非常にチンプンカンプンなのですから。

ところで、今回は中小の商店に便宜をはかる制度になっているようです。

大店立地 (だいてんりっち) 法 (大規模小売店舗立地法,2000年) で商店を潰したり、こんどは増税で便宜をはかったり、なんともお忙しい。

税金も規制も初めから全くないのが健全な経済なのです。

本題です。

医者「田中さん。何度も言いますが、お酒はもうやめてください。本当に死んでしまいますよ。」

田中「いやー。やめようやめようとは思ってるんですよ。本当に。」

酒に溺れて肝臓を壊して死ぬのは個人の問題です。

一方で、妊娠や授乳している人だったらどうでしょうか。必ずしも個人の問題ではないはずです。

例えば、“国家” が病気なら、それは政府だけの問題ではありません。

病気に例えるのは適当ではありませんが、昨今の日本社会が “健康的” だと思えないのも事実です。

私が思う、日本社会の末期感を今回は書きます。

例えば、年金でも消費税の増税でも、その専門家は問題を指摘していますが、結局はゴリ押しで進められています。

上に登場した、医者に止められても酒をやめない田中さんと何ら変わりありません。

さて、人間の病気が進行すると直接の症状のほかに様々な問題が起こります。

例えば酒豪の大敵である肝硬変では、意識障害や静脈 (りゅう) ,むくみなど肝臓とは関係がなさそうな部位にも症状がでるみたいです。

いま、日本では前代未聞の事件がたくさん起こっていますが、これらも何かの病気によって引き起こされているとしたら。

わざわざ安倍首相夫人の名前を隠すため (?) に公文書を改竄 (かいざん) したり、わざわざ好景気を装うため (?) に統計を捏造 (ねつぞう) したり、戦争法案やカジノ法案を強行採決したり、韓国に嫌がらせしてみたり、首相演説にヤジを飛ばした市民が警察に排除されたり……

衰退の一途をたどる日本経済にも症状は見られます。

日経平均株価が公金で支えられていること、名目・実質賃金が減少を続けること、税金や公的保険料がどんどん上がることや、アベノミクスなどなど、枚挙にいとまがありません。

このようにフツフツと湧き上がる症状に対応したのでは対症療法に過ぎず、根本治癒にはなりません。

どこかにある (うみ) を出し切らない限りは、自然治癒も期待できないのです。

いまの日本の末期的な症状は何が原因なのか、一人ひとりが考えるべきなのかもしれません。

訪問ありがとうございました。

"0"

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

No title

この末期症状は歴史を振り返ると日本の特質なんですよね。まあ、世界的に先進国は末期症状的ではありますが。

歴史は繰り返しますが今回の日本の末期症状は類をみないほど危険ではあると思います。

その原因は少子化です。これは戦後からの某国の戦略でもあったと言ったら陰謀論か?と思われるでしょうが事実です。

日本から日本人が消滅する前に神風が吹くかどうか?見ものですがどうでしょう?

この国は特別な意味を持つ国であるというのは日本人自身にはあまり知られていません。(伝説的にも宗教的にもこの辺りを調べると面白いですよ。ただし、のめり込まないでくださいね。w)

その特別な意味を持つ日本の存在が守られるのか、それとも滅亡するのか?きわどい時代であるということです。

まあ、理解できない人は理解できない話でしょうが。

Re: No title

ひまわりさま。

こんばんは。コメントをありがとうございます。
返信が遅れて、ごめんなさい。

歴史上、日本はなにかにつけて窮地に陥っていますよね。
ただ、それが終わった(自力で乗り越えたわけではない)あとは、文化や経済的な発展を果たしています。

確かに先進国の優位性は微妙になりつつありますね。
世界全体では、経済成長や人口も増えていますので、微増か横ばいの先進国は相対的に廃って見えるからでしょうか。

日本は某国の51番目の州ともいわれますよね。日銀 (株主非公表) の筆頭株主だとか地検特捜部は某国の指示で動くとか某国がくしゃみすると日本が風邪をひくとか。
田中角栄さんはその国を怒らせたから捕まったなど。
真相はわかりませんが、今の日本政府・制度が日本の国民のためではないのは感じますね。
(その某国もまた、別の国,組織に操られているという話もありますね)

日本は特別な,神の国だという考えに、私は懐疑的です。(単に私が勉強不足かもしれません)
そして、東アジア共通の文化(儒教など)を持った、前世紀に急発展し、人口密度が高めの普通の国という印象です。
もし、神風が吹くとしたら、アメリカ専属の下請け工場的国家として、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

また、日本は地理的に大国の間にありますので、今後は両国との貿易や経由地という地位を確立させればよろしいかと。

またのコメントもお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク