記事一覧

日本のスゴいところ


この記事は、広告を含む場合があります。

2019-8-31(土)

今日で8月も終わりです。
すでに空も気温も匂いも秋の気配がしますが、明日からはリアルに秋なのですね。

ここから本題です。

今回は、日本のすごいところを取り上げます。

  • 気候を選べる
  • インフラが整っている
  • 衛生環境
  • 経済

気候を選べる

日本列島は南北に長いので、好きな気候を選べます。

例えば、常夏に魅力を感じるなら沖縄県や九州、雪が好きなら北海道や東北といった感じですね。
午前中は北海道でスノーボード、午後は沖縄に飛んでサーフィンなんてハードなレジャーも可能なわけです。

インフラが整っている

日本では、停電が少なく、水道,道路もよく整備されています。

例えば、水道水を飲むことができる国などは、10箇所ほどらしいです。

ただし、水道水のほとんどは、風呂水など飲用ではありません。
なので、多少は質を下げて安くするのも選択肢でしょう。

新幹線もすごいです。
開業からの54年間で、システムが原因の事故が一度も起きていないのです。

新幹線は絶対に事故らないので、シートベルトすらつけていません。絶対に事故が起きないので。

衛生環境

致死率100%の感染症である “狂犬病” が発生していない国,地域は、世界で7箇所です。

犬を含む哺乳類に () まれたり,引っかかれたり,傷などを () められただけで絶対に死ぬなんて怖すぎですね。

飼っていた犬や猫を逃がすなど不適切な処分をしない,野良犬・猫に餌をやらないなどで、狂犬病は防げます。

下水道もしっかりと整備されています。

高い高い下水道料金を取っている地域では、間違ってもトイレの汚水を川や海に垂れ流すことがないのも日本の素晴らしいところです。
たしか、処理後の下水は飲んでも泳いでも問題ないとか。

経済

さすがは元・アジア初の先進国,元・GDP第2位の元・経済大国。
高度経済成長やバブルの貯金があるから、30年間あまり衰落が続いてもヘッチャラなのです。

客観的にみて明らかに優れているのはこのへんですかね。

さて、新幹線は絶対に事故らないと書きましたが、いつかは事故ると私は思います。

ですから、シートベルトをつけて、客の任意で着用させればいいでしょう。

新幹線のみならず、普通の鉄道,自動車,飛行機,船も全て機械化すれば、交通事故という言葉が死語になります。
経済性や労働環境の向上,技術立国のメンツも兼ねてやってほしいです。

閲覧ありがとうございました。

"5"

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク