記事一覧

私が独裁市長だったら


この記事は、広告を含む場合があります。

2018-11-12(月)

“独裁”というと世襲やクーデター上がりの政治家がいて重税や監視社会,軍国主義,住民を弾圧というイメージがありますよね。

逆に私のような超自由主義者が選挙によって独裁者となったらどうなるのでしょうか。

地方分権が徹底されて徴税や規制権限が市町村に全て移った国があるとします。
私は某市の市長に立候補し当選しました。としましょう。

このまちの条例では「市長は絶対的な権力を有します。」とあり真の独裁者です。

独裁のいいところは政治の決定が速いことです。
独裁者の一声で政治が大きく動きます。一方でこれは独裁が怖い理由でもありますね。


「施政方針~ようこそジユウ市へ~こんな街をつくります」

収入:
(地方税の)消費税,自動車関連諸税,タバコ税,酒税,資産税などは廃止します。

住民税はとりあえず今年は全員一律54321円(100万円を控除)で毎年変動します。
市の支出が少ないほど来年の税金が安くなります。

規制:
暴力と窃盗は禁止です。
銃と合成麻薬もやめましょう。(没収します)

行政サービス:
幹線道路(市道)と学校(ハード:土地・建物)を所有します。

幹線じゃない市道,学校(ソフト),上下水道,病院,公民館,公園,公営交通などは民間に委譲します。
参入がない場合は学校のみ公営化します。

福祉:
無償教育(2年以上),生活保護(現物支給かも)

条例:
選挙・解任規定のみ恒久、他のは必ず期限付きです。


これら以外はなんにもしません。コストカット第一です。


という街を作ったら住民は集まりますかね?

悪い独裁者にならないためには自身が住民ならどうかを考えることです。
自分が住民でも住みたい街なら、おのずと人は集まります。

私利私欲のために権威を振りかざし,思想の多様性を認めず,平気でウソをつき,責任転嫁,失敗は他人のせいにし,みずからは学ばず…

現在の日本のような中央集権国家に悪い独裁者が君臨したらゾッとしますね。


そんな私は権力やカネよりも自由と若さがほしいです。


閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク