記事一覧

理想人生論


この記事は、広告を含む場合があります。

おはようございます。

今回の記事は主観であり、今の私が理想とする自身の人生を書きます。○や△や×は実現する可能性で、○が最大です。

・成長しない,もしくは子どもに戻れる(×)

・ずっと90年代(×)

・税金がない(×)

・完全自由化,規制の完全撤廃(×)

・働かなくてよい(△)

・給食,または格安(×)

・住居と衣料と高熱通信の支給もしくは格安(×)

わがままを書きましたが、自身の努力で叶うのは「働かなくてよい」すなわちセミリタイアのみです。
大人になった時点で幸せにはなれませんので、いかに労働の不幸から逃れるかが問題となります。

生物の宿命や時間,社会によって理想と現実が大きく乖離(かいり)することがわかります。
人の幸不幸は自身の裁量ではないのです。

今の状況に匹敵する不幸が餓死と自殺です。この二つだけは避けて、叶わぬ(だろう)理想を夢みながら生きる人生になりましょうか。

もしかしたら人間のデータ化(仮想化人類)なんて技術ができるかもしれませんが、貧乏人には関係ないですね。


閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク