記事一覧

朝鮮半島情勢はどうなるのでしょうか


この記事は、広告を含む場合があります。

「オリンピック→中朝会談→南北会談→米朝会談(今月中?)と(日本抜きですが)いい感じに事が進んでいます。1953年から休戦中である朝鮮戦争の終戦宣言も期待されます。」

今年に入ってから朝鮮半島の情勢が大きく変化しようとしています。海の向こうではありますが、隣の国の話であり日本人にとって気になる問題です。
この先、韓国と北朝鮮はどうなるのか,日本にはどういう影響があるのか考えてみます。

①決裂パターン:
米朝会談が失敗するケースです。そのまま軍事境界線で分断され続けるでしょう。

②正常化パターン:普通に二カ国としてパスポートやビザによって往来できるようになるケースです。

③連合パターン:
EUのように基本自由に往来できるケースです。

④国家統一パターン:
両国がひとつの国に合併します。民族問題はありませんが、経済体制(一国二制度?)や首都や通貨の問題がありそうです。

私は③の連合化が最もよいと思います。朝鮮半島のみならず、中国・ロシアと資源や経済の融通が利くはずです。東西ドイツのように格差が解消されるといいですね。

日本への影響としては、
・拉致問題の解決
・戦前戦中問題の解決
・貿易や観光の活性化
・核兵器の廃絶と軍縮
などが期待できそうです。

暗い時代に逆戻りしてはいけません。
半世紀以上続く戦争の傷が癒えることを望むばかりです。


閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク