記事一覧

提案:万引き対策 自動販売“店”


この記事は、広告を含む場合があります。

スーパーマーケットや100円均一に行けば、ところ狭しと商品が並べられており、まるでジャングルの様相です。これにより内需経済大国である日本は成長を遂げました。
一方でこの売り方が万引きをも助長しているのです。

また、好景気のときには高くてもモノは売れますが、翻って昨今のアベノミクス下では限界まで価格を下げなければ売れ(買え)ません。
そこに万引きの損害が加われば、客が補填しているといえます。

最近は監視カメラの価格低下に伴って店への設置数が増えています。悪いことをしていないのに四方八方から常時監視されているのは、あまりいい気分ではありません。


自動販売型店舗なんていかがでしょう。

まるで店内が自動販売機。ショーケースの商品を予約しておき、支払い時に受け取る。

・商品は冷蔵や保温
・陳列の人件費を削減
・古いものを自動で割引
・カートかカゴか電子マネーで予約
(・電子マネーでその場で決済して受け取りでもよい)
・期限切れはワゴンセール

×設備投資がかさむ
×停電時の対応

防犯と安さと廃棄の削減が重要です。


訪問ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク