記事一覧

(SF)私が女だったら


この記事は、広告を含む場合があります。

一度は「自分が女だったら(男だったら)」と考えたことがあるかと思います。


中学校の理科で、生物的な男と女は性染色体の組み合わせの違いである、と習ったと思います。
46本ある染色体のうち1本が(X)か(Y)かによって性別が決定します。

私は男なので(XY)ですが、父由来の性染色体のみ異なり、(XX)だったらと考えます。
せっかく授かった身体を生かしつつ性別のみ違うことになります。
とりあえず”異性クローン”とでも呼びましょう。
(Y染色体がなくてもターナー症候群の女が生まれるが、ここでは除く)

さて、wikipediaによると、
ヒトの遺伝子数はおよそ2万2000個・31億塩基対
X染色体の遺伝子数は約1098個・1億6300万塩基対
Y染色体の遺伝子数が78個・約5100万塩基対

とされます。

粗く計算すると、Y染色体のみ違った場合、最大で遺伝子数が約5%・塩基対も約5%違うことになります。
実際は重複もあり全部違うというのはないですが。

それでも、発現型は顔つき、身長体重、筋肉量、声の高さ、性機能などなど大幅に異なっていたでしょう。
いったいどんな人だったのか。

この世に限りなく私のクローンに近い異性がいたら、異性にあまり興味のない私でも恋愛対象になったのでしょうか。


話が変わりますが、ヒトが自家受精したり、全てホモ接合体(AB型と男が生まれない)にしたときの結果が気になります。
(片親性ダイソミーという病気もありますが)


閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク