記事一覧

祖母が亡くなりました


この記事は、広告を含む場合があります。

私の祖母が亡くなりました。

祖母は認知症のため施設に入っており、私が最後に会ったのは4年前 (2019年) です。

「○○ちゃん (私) は、大学に行ってるんだっけ?」
「もう働いてるよ」

この会話が3回もありました。私は、認知症の人と話したことがなかったので、複雑な気分でした。

祖母との強いの思い出は、“山姥 (やまんば) ” の話です。

1997年、私が6歳のころ、家族で旅行に行きました。たしか、北湯沢温泉 (伊達市) とかの近場だったと思います。(私も物忘れが激しい……)

夜、ホテルで、祖母が山姥の話を始めました。

で、山姥が包丁を研いでいるというシーンのところで怖くなり、話をやめてもらいました。

結局、続きは聞いていません。

あとはアレですね。

2013年、祖父母の家が火事になりました。

そのとき、火元の部屋で煙を吸って倒れていた祖父を、祖母が引きずって家から出たそうです。

祖母は、脚が悪く、人工股関節の手術を受けてから、常に (つえ) を使っていました。

火事場の馬鹿力ってあるんだなと思うできごとでした。

で、祖母が言っていました。「あとちょっと手ば伸ばせば、5万円が入ったカバンば持ってこれたのに」

祖母と祖父は、同じ施設に入っていました。祖父は認知症ではないので、祖母とは違う階です。

祖母が亡くなったことは、祖父には話していないそうです。

たまに祖父が「かあさんは元気か」と言っているようで、アレですね。(かあさんは、祖父の母親のことではありませんよ。祖父は認知症ではないので)

ということで、今週は葬儀でした。

私のいとこと、10年ぶりに会いました。こんなときでないと会うこともありませんね。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク