記事一覧

72二段階貯蓄


この記事は、広告を含む場合があります。

先日、届いた “イオン九州” の株主優待を使ってみました。

イオン北海道のお店などで、1,000円ごとに100円引きとなるクーポンです。

レシート

本当に100円引きになっていますね。

優待での割り引き率は9.91%です。買ったのは半額のお肉ばかりなので、割り引き率 (総合) は60%近くなります。

さて、貧乏な私がやっている貧乏くさい貯蓄法です。これをマネすると、私の貧乏がうつります(笑)

ざっくり説明すると、“先取り貯金” と “後取り貯金” の併用です。

まずは、“先取り貯金” と “後取り貯金” の意味から説明します。

先取り貯金は、給料などが入ったら、いきなり貯金に回す方法です。節約上手の人たちがやっているとか。

後取り貯金は、生活で余ったお金を貯金する方法です。貯められない人たちがやっているのだとか。

私はこの両方を組み合わせて貯金しています。

結果は散々なもので、お金は貯まらないのに、生活費も限られるというダブルビンボー。

では、詳しいやり方を。

まず、給料が入金されたらスタートです!

私の場合は、15万円の給料のうち、引き落としとなる奨学金と水道代の3万円だけを残し、ほかは引き出します。

ただし、硬貨は手数料がかかるのでノータッチ。

引き出した12万円は、貯蓄用の銀行に預け入れし、その際に、生活費 (月3,000〜6,000円) を “一部入金” で抽出します。(つまり両替)

間違っても、生活費の分を入金して、残りの11万円くらいをアベコベに抽出してはいけません。一ヶ月分の利子がパーになります。

なんでこんなめんどくさいことをするかと言えば、手数料の回避なんですね。振り込みと違って、引き出しと預け入れは無料なのです。

あとは、お家で定例の定期預金。

私は、SBJ銀行の1週間定期預金を愛用しています。(1口10万円)

厳密には、定期預金は貯金に当たらないのかもしれませんが、ここでは定期預金も貯金だとします。よって、“先取り貯金” ですよね。

次は、クレジットカード (楽天カードマン) の引き落としです。

これは、定期預金を解約して捻出します。

解約する定期預金は、契約が最近の口座です。逆に、満期が近いものだと、受け取るはずだった利子がパーになります。

で、楽天カードマンの待つ口座に振り込みです。(この手数料は無料)

ゴール (給料日) 間際、だいたい生活費の予算って余るのですよね。

私はお役人ではないので、余った予算は無駄遣いしません。

ここで、余りを “後取り貯金” します。

実際は、余りを繰り越しして、次の生活費に繰り入れしています。そのぶん、次の給料からの抽出額が減るので、貯金したことになるはず。

これがアーリーリタイアまで繰り返される予定です。

節約上手の人たちの方法と、貯められない人たちの方法のコラボレーション “二段階貯蓄”。ぜひお試しあれ。

閲覧ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク