記事一覧

タバコについて


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-30(木)今日で4月も最後です。最近は、オツカレノミクスで、更新がトドコオリノミクスでした。ナマケノミクスは回避したいです(笑)さて、札幌駅にあった喫煙所が、3月には新型コロナウィルスの感染防止のために閉鎖されていたいましたが、今月は完全に撤去されていました。苦しそうに煙を吐き出す大人たちが窮屈なガラスケースに閉じこもっていたのも今は昔。今度はかれらが吐き出されてしまったということか。これはもちろ...

続きを読む

コロナと働き方


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-27(月)東アジアを中心に、新型コロナウィルスの感染拡大のペースが鈍っているようです。さすがに、商業活動の再開は時期尚早な気がしますが。日本では今のところ、感染者が爆発的に増えていないのは良いことですが、安定化までが長引くことで、“コロナの永久凍土” にならないか心配です。また、諸外国で、政府が国民の移動履歴を監視することに一定のお墨付きを与えてしまったなか、本邦では放任と自己責任論で乗り切る予定...

続きを読む

幸せは周期循環か


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-26(日)“子どもは幸せで、大人になるにつれて不幸になる……”これって何かに似ていると思ったら時計の針ですね。一般的なアナログ時計は、12時と6時を境に針先の上下方向が変わります。時計の針先の高さ (3・9時線の延長からの高さ) は、上の図のように美しい波を描きます。12時を過ぎると、針先の高さが下降していきますが、6時を過ぎると、逆に上昇しているのがわかります。人生の幸不幸もこのように変化するのかもしれない...

続きを読む

モバイルバッテリーを分解。電池が中古?


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-23(木)わざわざ記事にするほどでもなさそうですが、壊れたモバイルバッテリーを分解したお話です。このモバイルバッテリーは、以前の記事で紹介したことがありますので、購入するかしないかの参考になるかもしれません。とは言っても、壊れたのは2019年10月のことです。修理を試みましたが直らず、半年間も放置していました。まず、このモバイルバッテリーは、2017年3月に楽天市場で買ったものです。当時は1,500円 (送料・...

続きを読む

人が去る会社


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-20(月)新型コロナウィルス対策として、アベノマスクとアベノ10マンが配布されます。お国が我々人民のために御恵送くださるのですから、大切にせねばなりません。なので私は、アベノマスクを実家の神棚へ、アベノ10マンを貯蓄へと使うことにいたしました。さて、ブラック企業の特徴のひとつとして、離職者の多さ,離職率の高さが挙げられます。私が数年前まで務めていた会社は、従業員数15人程度の零細企業でしたが、私がい...

続きを読む

ブラック企業はパンドラの箱


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-18(土)非常事態宣言の範囲が全国に拡大されました。これで、不要な仕事に駆り出される労働者が減ればいいなと思います。もし、通勤や勤務を原因として新型コロナウィルスに感染させたなら、ズバッと労災認定しましょう。労働者を酷使し、労働者の衛生と安全管理を怠った会社なのですから、社会的,経済的な制裁も仕方ありません。そして、会社から感染者が出ると激マズなので、無駄な仕事が休みになります。この記事は、私...

続きを読む

なんちゃって大国、ニッポン (政府篇)


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-16(木)コロナの給付金として、国民全員に10万円ずつ配るようですね。でもまさか、マイナンバーと銀行口座を紐 (ひも) 付けしている人だけとかじゃないでしょうね。そもそも、“税と社会保障の一体改革” として、国民の反対を押し切ってまで導入したマイナンバーがまったく役に立ってないような。本題です。“悪夢の民主党政権” はさておき、“夢と希望の安倍政権” では、日本の近代国家としてのなんちゃってぶりが露見していま...

続きを読む

コロナノミクス お次は銀行の倒産か


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-14(火)新型コロナウィルスがどこまで経済に影響するか、まったく見えてきません。もしかしたら、明日にもウチのブラック企業が倒産し、私が失業者になるかもしれないのです。これは、多数の会社にお金を貸す銀行も同じです。体力のない中小企業がバタバタと潰れたら、銀行も道連れになります。私の想像ですが、これから中小企業の倒産が相次ぎ、地方銀行や信用金庫などが破綻すると思います。銀行も同じく体力がないからで...

続きを読む

コロナ人工物説とネットリテラシー


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-13(月)「いちにいさんし。“政府が有給30日プレゼント。国民全員30回休み” だって」すごろくではウザい休みマスも、今では救世主です。本題。“新型コロナウィルスは、中国武漢 (ウーハン) 市にあるウィルス研究所で作られたものだ”世界中の人々が未知のウィルスに怯 (おび) えるなか、誰が悪いかれが悪いという論には心底あきれますが、非常時だからこそデマゴギーを流す悪趣味な人間がいるのもまた事実です。上記の “コロナ...

続きを読む

東洋と西洋の考え方


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-12(日)今日も新型コロナウィルス関連のお話からです。ブログは公開日記ですので、将来、見返したときに時代を読むのに役立つと思います。さて、コロナの影響が欧米先進国で最悪な状況になっています。私の勝手なイメージですが、アジアと比べてヨーロッパやアメリカは、より理知的で冷徹だと思っていたのに、意外な結果です。今回は、東洋 (主に東アジア) と西洋の考え方の違いを確認します。コロナ対策にも東西で違いがあ...

続きを読む

コロナで外出 “大丈夫” と “夕匕にたい”


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-10(金)(ネガティブなワードを避けるため、タイトルにはインターネットスラングを使っています。“夕匕” は “死” です)新型コロナウィルスの感染予防ため、外出の自粛が叫ばれる中、外出する人たちの考え方を考えます。報道番組で、外出中の若者にインタビューしていました。若者「かかっても治るっつーか」「コロナにビビってらんねぇ的な」頼もしいかぎりです。“外出を控えよう”,“外食は危険だ” と散々いわれているのに、...

続きを読む

ブラック企業に思うこと


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-8(水)新型コロナウィルスの感染拡大にともなって、日本でも緊急事態宣言が出されてしまいました。私権の制限が過剰におこなわれないか、私はとても心配です。実際に、ハンガリーのオルバン政権が緊急事態宣言を独裁の手段に使っている例もあるので。本題。今回は、ブラック企業 (特にサービス残業) への愚痴です。私が感じていることなどを書きます。「オレはもう働いてないから関係ねぇ」という人にも、ブラック企業の問題...

続きを読む

不労は宇宙を救う


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-6(月)新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、日本でも、明日 (2020年4月7日)、緊急事態宣言が出されるそうです。私はあまりやってほしくありません。ただし、“不要不急の労働の禁止” だけは大歓迎です。会社女「昨日行った居酒屋さぁー、すごい安かったのぉー、また行きたいなぁー、コホ!コホン!コホンコホン!!ンッ!」“ここに居たくない……”(暗転。音声のみ)黒色キギョー星人『我ハ、“黒色キギョー星” ニ住厶 “黒色キ...

続きを読む

生活支給


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-4(土)日本政府が、一つの住所あたり2枚のマスクを郵送し始めたらしいですね。ちまたでは、“アベノマスク” と揶揄 (やゆ) されているとか。ですが、今まで一度でも、安倍総理が国民に目を向けたことがあったでしょうか。今までの8年間、国民のことなんて一顧だにしなかった安倍総理が、初めて国民のほうを向いてくれたのですよ。私はとても感動しました。一方で、現金の支給にはおよび腰のようです。消費税の一時的な撤廃、...

続きを読む

コロナから学ぶこと


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-3(金)新型コロナウィルスの感染者が世界で100万人を超え、日本でも加速的に増加しています。北半球が春になり気温は上がりましたが、ウィルスの勢いが衰える様子はありません。ただ、あと何ヶ月ないし何年かかるかわかりませんが、ヒトの持つ自然の免疫とウィルスの感染スピードが均衡し、しまいにヒトの免疫が勝つとは思います。(コロナが絶滅するわけではなく、うまく付き合っていくことになる)さて、人間は、自然災害や...

続きを読む

ノーを言えない人間関係


この記事は、広告を含む場合があります。

2020-4-1(水)今日はエイプリルフールです。美しく咲き誇る満開の桜。(エゾヤマザクラ,3月29日,北海道三笠市)花見が大好きな安倍総理,昭恵さん、ぜひ “オトモダチ” をお誘いの上、北海道へお越しください。(冗談です。絶対に来ないでくださいね)本題です。“コロナで自粛要請のさなか、若者が街に出ている” を調査し、その理由を考察します。3月30日、私は、ゲームセンターで客層の調査をしました。この時期に禁忌を犯し、ゲーセ...

続きを読む

プロフィール

しゅう

Author:しゅう
1991年北海道三笠市生まれ。プロフィール

全記事表示リンク